中国語専門学校ガイド|オンライン授業で資格も就職も留学も! » 中国語を話せるとどんな仕事ができる?

公開日:|最終更新日時:

中国語を話せる人が活躍できる職業

中国語が活かせる職業はこれ!

なりたい仕事が決まっている人も中国語を活かした仕事を知りたい人も必見!中国語が話せるようになると、どんな仕事ができるのかまとめました。

バイヤー

バイヤーは、自分が収集した情報に基づいて、自社で販売したら利益が出る商品を見極めて買い付ける仕事です。自分が買い付けた商品がヒットした時の達成感はもちろんのこと、それまでの情報収集を徹底的に行い、会社の売れ行きがかかった決断を自分で下すことにやりがいを感じられる仕事です。

貿易事務

貿易事務は、電話やメールのやりとり、資料作成などを外国語で行うケースが非常に多い仕事です。そのため、中国語が得意な人であれば活躍できる場面が多いでしょう。実際は中国語だけでなく英語での読み書きや会話を求められるシーンも多いので、英語力も試されます。

医療通訳

医療通訳は、日本語を話せない人が日本で最善の治療を受けられるようにサポートする非常に責任の大きい仕事です。特に中国は観光やビジネスにおいて日本との関わりが深い国であり、日本で生活する中国人の人口は多いため、中国語の医療通訳に対するニーズも大きいと言えます。

通訳(ビジネス関係)

通訳のやりがいは、リアルタイムで進行する打ち合わせや商談において、その場でお互いの発言を迅速かつ正確に翻訳するという、非常に高い言語能力が求められる点にあります。言語能力だけでなく、相手の考えや立場を理解した上で伝えたいことを翻訳する力が求められます。

翻訳

翻訳のやりがいは、元の文章や音声が何を伝えようとしていたのかを読み取ること、また読み取った内容が第三者に伝わりやすいように構成することにあります。日中翻訳のプロを目指すのであれば、日本語・中国語のどちらの言葉も母国語として話せるレベルの言語力が求められます。

リゾートホテルスタッフ

リゾートホテルなどのホテルマンは、お客様が快適な時間を過ごせるようにフロントやコンシェルジュとして接する仕事です。自分が対応したお客様から直接感謝の言葉をもらえる、やりがいのある仕事です。外国語のスキルを活かして世界中のお客様とコミュニケーションがとれる点はホテルマンの魅力と言えます。

グランドスタッフ

グランドスタッフのやりがいは日本と世界を繋ぐ飛行機の移動において、安心・安全なフライトをサポートする仕事です。日本の航空サービスはその時間の正確さや丁寧な対応から世界的にも非常に評価が高いため、自分の得意な語学力や接客スキルを通じて日本に貢献できるのがこの仕事の大きな魅力です。

キャビンアテンダント

キャビンアテンダントにとっての最大のやりがいは、保安要員として安全にフライトを終える達成感と、接客スタッフとして目の前のお客様をおもてなしできることです。一見華やかに見える仕事ですが、覚えなければならないことは多く、乗客の命を預かる極めて責任の大きい仕事です。

接客業

接客業はお客様と直接接する仕事であるため、丁寧で心地よい接客をした分だけ目の前のお客様に喜んでもらえる仕事です。実際に接客業で活躍している人たちは、お客様からの「ありがとう」など感謝の言葉をモチベーションにして仕事に励んでいる人は多いです。

なりたい職業からおすすめの学校を見つけよう

中国語のスキルを活かして仕事を探す際は、ただ単に中国語を使う仕事を探すだけではなくで、「自分はどのような仕事で活躍したいか」「どんな業界、働き方で働きたいか」を考えた上で具体的な職業を考えると良いでしょう。

なりたい職業が決まれば、その仕事への就職内定率が高い専門学校から情報収集を始められます。将来の夢や目標は時間や学びを経ていく中で常に変わり続けるものです。あまり堅く考えすぎずに、興味がある仕事に求められる中国語スキルやその仕事につきやすい専門学校を気軽に調べると良いでしょう。

なりたい自分が叶う!オンライン受講でおすすめの中国語専門学校はこちら

全国から通えるオンライン対応
中国語専門学校3選

2021年2月現在、中国語の専門学校のうちオンライン授業を実施している学校をピックアップ!学費や就職率・資格取得率などで比較してみました。

スペースチャイナ外語学院 駿台外語&ビジネス専門学校 日中学院
入学金+授業料
その他費用 設備維持費
教材費
留学費
施設費
教育行事費
諸経費
テキスト代
中国短期留学費
学科 中国語専門科2年 中国語学科
中国語コース2年
中国語本科2年
オンライン授業について
取れる中国語の資格 中国語検定試験2級・3級
HSK試験3~5級
中国語検定試験2級・3級
HSK試験5級
中国語検定試験準1級
HSK試験6級
就職・資格合格率 100%
就職率:(2014年度~2018年度)/合格率(期間不明)
記載なし 記載なし
登校必須期間(1年ごと) オンライン
(入学時オンラインを選択した場合は登校なし)
オンライン+週2~3回登校 オンライン+週4回~登校
(オンライン可の授業を選んだ場合)

2021年2月調査時点で「通学+オンライン授業」を実施している中国語専門学校の中から中国語専門コースのある学校をピックアップしました。※新型コロナによるオンライン対応を含む

専門学校を卒業すると「専門士」の称号が得られますが、これには2年の修業年数が必要です。専門士の称号を得ることで、客観的に中国語を専門的に学んだとアピールできます。また、専門士を取得できれば、大学への編入も可能です。そのため、2年制コースで比較しています。

専門学校は、文科省の規定により全日程の四分の一は、登校の必要があります。