中国語専門学校ガイド|オンライン授業で資格も就職も留学も! » 中国語を話せるとどんな仕事ができる? » バイヤー

公開日: |最終更新日時:

バイヤー

バイヤーの仕事内容とは

バイヤーとは、直訳すると「買う人」という意味であり、その名の通り製品や材料の買い付けを担当する仕事です。近年経済成長を遂げている中国も買い付け先になることが多く、現地スタッフやクライアント先の担当者との交渉では中国語を話せることが非常に重要になります。

中国から買い付ける品目はその企業や場合によって様々ですが、中国の製造業が強みとする衣服や家電などをイメージすると仕事が想像しやすいでしょう。「ただ決まった品物を買えばいい」というわけではありません。自社で販売するにあたりヒットしそうな商品を選定。できるだけ仕入れ価格を安く抑えられるように取引先と交渉したり、自社で販売する際の価格やコンセプトを考えたりなど、非常に様々なスキルが求められます。

目指し方、キャリアパス

一般的に、未経験からすぐにバイヤーになれるというケースはほとんどありません。店舗経営や自社で取り扱っている商品に関する専門的な知識が求められるバイヤーになるためには、まずは実店舗で販売スタッフとして数年間経験を積んだ上でキャリアアップを目指すケースが基本的です。

具体例をあげると、ある企業に販売員として入社し、数年後に店長、さらに数年後にエリアマネージャーとして複数店舗の経営に携わり、その後バイヤーにジョブチェンジするというような流れです。

就職したからといってすぐにバイヤーになれるわけではないため、下積み経験として別の職種を長年経験することが自分にできるかを考える必要があります。また、就職時には面接などの場で「自分は将来的にはバイヤーになりたい」という気持ちを人事担当者にアピールしておくことが望ましいです。

バイヤーのやりがい

バイヤーは自分が収集した情報に基づいて、自社で販売したら利益が出ると見込める商品を見極めて買い付ける仕事です。自分が買い付けた商品がヒットした時の達成感はもちろん、それまでの情報収集を徹底的に行い会社の売れ行きがかかった決断を自分で選択するやりがいを感じられる仕事です。商品の売上予測や利益計算も日常的な業務なので、細かい計算が苦にならない人に向いた仕事であるとも言えます。

オンライン授業が受けられる
おすすめ中国語専門学校4校!

持っていたい中国語の資格

全国から通えるオンライン対応
中国語専門学校3選

2021年2月現在、中国語の専門学校のうちオンライン授業を実施している学校をピックアップ!学費や就職率・資格取得率などで比較してみました。

スペースチャイナ外語学院 駿台外語&ビジネス専門学校 日中学院
入学金+授業料
その他費用 設備維持費
教材費
留学費
施設費
教育行事費
諸経費
テキスト代
中国短期留学費
学科 中国語専門科2年 中国語学科
中国語コース2年
中国語本科2年
オンライン授業について
取れる中国語の資格 中国語検定試験2級・3級
HSK試験3~5級
中国語検定試験2級・3級
HSK試験5級
中国語検定試験準1級
HSK試験6級
就職・資格合格率 100%
就職率:(2014年度~2018年度)/合格率(期間不明)
記載なし 記載なし
登校必須期間(1年ごと) オンライン
(入学時オンラインを選択した場合は登校なし)
オンライン+週2~3回登校 オンライン+週4回~登校
(オンライン可の授業を選んだ場合)

2021年2月調査時点で「通学+オンライン授業」を実施している中国語専門学校の中から中国語専門コースのある学校をピックアップしました。※新型コロナによるオンライン対応を含む

専門学校を卒業すると「専門士」の称号が得られますが、これには2年の修業年数が必要です。専門士の称号を得ることで、客観的に中国語を専門的に学んだとアピールできます。また、専門士を取得できれば、大学への編入も可能です。そのため、2年制コースで比較しています。

専門学校は、文科省の規定により全日程の四分の一は、登校の必要があります。