中国語専門学校ガイド|オンライン授業で資格も就職も留学も! » 中国語を話せるとどんな仕事ができる? » グランドスタッフ

公開日: |最終更新日時:

グランドスタッフ

グランドスタッフの仕事内容とは

グランドスタッフとは、空港で勤務する接客スタッフを指します。CA(キャビンアテンダント)が飛行機の機内での接客に携わるのに対して、グランドスタッフは空港内での接客に携わっています。グランドスタッフの主な業務は2つに分けられ、カウンターでのチェックインや航空チケットの発券、預け荷物の受け取りや座席の制定などを案内する「搭乗手続き」と、フライトが時間通りに遂行されるようにお客様を所定の搭乗ゲートまで案内する「搭乗案内」があります。

グローバル化の発展に伴い、日本を訪れる外国人観光客が増加している近年では、空港内には日本語を話せないお客様も多くいます。特に中国人は訪日観光客の中でも多くの割合を占めるため、中国語が使えるグランドスタッフは活躍の幅が広いでしょう。

目指し方、キャリアパス

グランドスタッフになるには、大きく2つの方法があります。1つは正社員としてグランドスタッフになる方法で、この場合は大手航空会社の旅客サービス部門にエントリーしたり、地方の航空会社やバス会社にエントリーしたりします。

2つ目は、派遣社員やアルバイトとしてグランドスタッフになる方法です。航空会社系列の派遣会社も存在するため、そこにスタッフとして登録することでグランドスタッフとして働けます。派遣社員から正社員のグランドスタッフへキャリアアップする事例も多いため、まずは派遣社員やアルバイトとしてスキルや経験を積むのも一つの方法です。どちらの方法でも求められる素質は変わらず、英語を主とする語学力と接客適性が重要です。

グランドスタッフのやりがい

グランドスタッフのやりがいは、日本と世界を繋ぐを安心・安全なフライトを支えられるところです。日本の航空サービスはその時間の正確さや丁寧な対応から世界的にも非常に評価か高いため、自分の得意な語学力や接客スキルを通じて日本に貢献できるのがこの仕事の大きな魅力です。

実際の業務は早番・遅番のシフト交代制なので夜勤も少なくなく、業務中は空港内を駆け回ることも多いという、華やかなイメージとはかけ離れた肉体労働の仕事でもあります。体力的には大変ですが、その分仕事の達成感も大きい業務です。

オンライン授業が受けられる
おすすめ中国語専門学校4校!

持っていたい中国語の資格

そのほかの関連記事

全国から通えるオンライン対応
中国語専門学校3選

2021年2月現在、中国語の専門学校のうちオンライン授業を実施している学校をピックアップ!学費や就職率・資格取得率などで比較してみました。

スペースチャイナ外語学院 駿台外語&ビジネス専門学校 日中学院
入学金+授業料
その他費用 設備維持費
教材費
留学費
施設費
教育行事費
諸経費
テキスト代
中国短期留学費
学科 中国語専門科2年 中国語学科
中国語コース2年
中国語本科2年
オンライン授業について
取れる中国語の資格 中国語検定試験2級・3級
HSK試験3~5級
中国語検定試験2級・3級
HSK試験5級
中国語検定試験準1級
HSK試験6級
就職・資格合格率 100%
就職率:(2014年度~2018年度)/合格率(期間不明)
記載なし 記載なし
登校必須期間(1年ごと) オンライン
(入学時オンラインを選択した場合は登校なし)
オンライン+週2~3回登校 オンライン+週4回~登校
(オンライン可の授業を選んだ場合)

2021年2月調査時点で「通学+オンライン授業」を実施している中国語専門学校の中から中国語専門コースのある学校をピックアップしました。※新型コロナによるオンライン対応を含む

専門学校を卒業すると「専門士」の称号が得られますが、これには2年の修業年数が必要です。専門士の称号を得ることで、客観的に中国語を専門的に学んだとアピールできます。また、専門士を取得できれば、大学への編入も可能です。そのため、2年制コースで比較しています。

専門学校は、文科省の規定により全日程の四分の一は、登校の必要があります。