中国語専門学校ガイド|オンライン授業で資格も就職も留学も! » 中国語を話せるとどんな仕事ができる? » 翻訳(書籍やテープ起こしなど)

公開日: |最終更新日時:

翻訳(書籍やテープ起こしなど)

翻訳(書籍やテープ起こしなど)の仕事内容とは

翻訳は外国語を使う仕事の中でも、イメージしやすい仕事なのではないでしょうか。翻訳の主な仕事には、出版された書籍の翻訳や、インタビュー動画などのテープ起こしがあります。

書籍の翻訳にはミステリーやロマンスなどのフィクション作品から、実用書やニュースなどノンフィクション作品の翻訳まで様々な仕事が存在します。出版社から依頼を受け仕事が発生し、作品の長さや内容によって数ヶ月から数年まで翻訳期間は様々です。

テープ起こしとは、インタビューや商談など様々な音声データを聞いて文字になおす仕事です。日本語の音声データを日本語の文章になおす仕事が一般的ですが、中には英語や中国語など外国語の音声データを文字起こしした上で翻訳する仕事もあります。

目指し方、キャリアパス

多くの翻訳家は企業に所属するのではなく、フリーランスとして仕事の依頼を獲得しています。未経験でまだ翻訳の経験や実績がない場合、いきなりフリーランスになっても仕事をもらえる見込みはないため、ベテラン翻訳家のスクールなどに所属し、下訳を担当するところからキャリアをスタートします。

翻訳業界ではコンペティションやオーディションが随時開催されているため、それらに応募して当選することで知名度を得るというキャリアパスもあります。どちらにせよ、翻訳業界は実力と人脈が必要不可欠で厳しい世界であるということは知っておきましょう。

翻訳(書籍やテープ起こしなど)のやりがい

翻訳のやりがいは元の文章や音声が何を伝えようとしていたのかを読み取り、読み取った内容が第三者に伝わりやすいように構成するところです。

さらに、日中翻訳のプロを目指すのであれば、あなたのライバルとなるのは「あなたよりも日本語が上手い中国人」です。母国語も外国語も、翻訳家に求められる能力に限界はありません。日々新しい情報を収集して、自主学習や自己研鑽に努めることが翻訳家のやりがいとも言えます。

オンライン授業が受けられる
おすすめ中国語専門学校4校!

持っていたい中国語の資格

全国から通えるオンライン対応
中国語専門学校3選

2021年2月現在、中国語の専門学校のうちオンライン授業を実施している学校をピックアップ!学費や就職率・資格取得率などで比較してみました。

スペースチャイナ外語学院 駿台外語&ビジネス専門学校 日中学院
入学金+授業料
その他費用 設備維持費
教材費
留学費
施設費
教育行事費
諸経費
テキスト代
中国短期留学費
学科 中国語専門科2年 中国語学科
中国語コース2年
中国語本科2年
オンライン授業について
取れる中国語の資格 中国語検定試験2級・3級
HSK試験3~5級
中国語検定試験2級・3級
HSK試験5級
中国語検定試験準1級
HSK試験6級
就職・資格合格率 100%
就職率:(2014年度~2018年度)/合格率(期間不明)
記載なし 記載なし
登校必須期間(1年ごと) オンライン
(入学時オンラインを選択した場合は登校なし)
オンライン+週2~3回登校 オンライン+週4回~登校
(オンライン可の授業を選んだ場合)

2021年2月調査時点で「通学+オンライン授業」を実施している中国語専門学校の中から中国語専門コースのある学校をピックアップしました。※新型コロナによるオンライン対応を含む

専門学校を卒業すると「専門士」の称号が得られますが、これには2年の修業年数が必要です。専門士の称号を得ることで、客観的に中国語を専門的に学んだとアピールできます。また、専門士を取得できれば、大学への編入も可能です。そのため、2年制コースで比較しています。

専門学校は、文科省の規定により全日程の四分の一は、登校の必要があります。