中国語専門学校ガイド|オンライン授業で資格も就職も留学も! » 行きたい中国語専門学校へ行く!親説得ガイド » 学費の相場は?安くするには?

公開日: |最終更新日時:

学費の相場は?安くするには?

中国語専門学校は、全日制2年間の一般的な学校であれば平均して100~150万円の学費が必要となります(※当サイト調べ)。こう聞くと、「自分の家庭には学費が払えない」と進学を断念してしまう人もいるかもしれません。

しかし、専門学校や自治体から支給される奨学金や学割制度を利用すれば、学費をおさえながら学校に通うことができます。

奨学金制度を利用する

学外奨学金

専門学校に進学するうえで利用できる奨学金は、国や自治体が用意する学外奨学金と、専門学校が独自に用意する学内奨学金に分けられます。学外給付金の中で全国の学生に最も認知されているのが、日本学生支援機構(JASSO)が運営する奨学金制度です。

日本学生支援機構の奨学金は、卒業後に返済義務がある貸与型奨学金と、将来にわたり返済義務が無い給付型奨学金の2種類に別れ、どちらを利用できるかは学生の成績や世帯所得などの条件によって決められます。

新しく変更された修学支援新制度について

授業料などの減免と給付型奨学金を支給する修学支援新制度は、令和3年4月下旬から申請受付を開始している制度です。
世帯収入や資産の要件を満たしており進学先で学ぶ意欲のある学生が対象となる制度で、授業料や入学金の免除または減免と給付型奨学金の支給により、大学や専門学校などで安心して学ぶことができるようになります。
対象世帯の収入やどの程度の給付が受けられるかなどは、日本学生支援機構のホームぺージでシミュレーションを行うことが可能です。

学内奨学金

学内奨学金とは、その専門学校が自校の学生のみを支給対象として独自に設立した奨学金制度を指します。給付型か貸与型か、また将来返済義務のある貸与型の場合は有利子返済か無利子返済かなどは学校によってさまざまです。

新聞奨学金

新聞奨学金は奨学会が学校に学費を立て替えてくれる代わりに新聞配達で得た給与から奨学金を差し引かれた金額を受け取るシステムとなっており、卒業してから返済が始まる普通の奨学金と異なり在学中から返済するという制度になっています。
奨学会によって制度の詳細は異なりますが、奨学生になると居住スペースや賄いなど生活に必要なサポートを受けられることがあります。

新型コロナに関する経済支援

学生支援緊急給付金

学生が各大学に申請を行い、大学が選考した上で学生の推薦リストを作成し日本学生支援機構(JASSO)に提供すると学生が現金の支給を受けられる制度です。
家庭から自立しアルバイト収入で学費を賄っており、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により収入が大幅に減少しているなどの要件を満たす学生に対して10万円~20万円の支給が行われます。
実績がなくとも、アルバイトを予定しており得られるはずだった収入が得られなくなった場合も自己申告で申請することができます。

生活福祉資金の特例貸付

新型コロナウイルス感染症拡大の影響によって休業や失業状態で、収入が減少したことにより生活資金にお悩みの方に当面の生活資金を貸し付ける制度です。
緊急かつ一時的な生計維持のための貸し付けが必要な世帯が対象となっており、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により収入が減少していれば休業状態になくとも対象になります。
居住地の社会福祉協議会に窓口で受け付けていますので、必要な方は相談しましょう。

生活福祉資金貸付制度

低所得世帯に属する方が、大学などに修学するために必要な経費の貸し付けを受けられる制度で、必要な資金を他から借り入れることが困難な世帯が対象です。
属している学校によって支援金額が異なりますが、無利子かつ無保証人で借り入れが可能です。(世帯内で連帯借受人が必要)

住居確保給付金

一定の要件を満たす住居を失う恐れがある方に対し、市町村ごとに定める金額を上限に実際の家賃額を原則3か月間支給する制度です。
世帯によって支援が受けられる金額は異なりますので、必要な方は最寄の自立相談支援機関に相談しましょう。
学生アルバイトは基本的に対象とされませんが、一人暮らしでアルバイトにより生活費を賄っている場合は対象となります。

各学校が用意している早割や学費補助制度

奨学金とは別に、中国語専門学校ごとに用意されている割引制度や学費補助を利用するという方法もあります。専門学校によっては、入学願書の提出時期が早い生徒や資格等を保有している優秀な生徒、あるいは家系の収入状況など所定の条件を満たしている生徒の場合は、入学金や授業料が減額になるケースがあります。

割引制度の一例紹介

スペースチャイナ外語学院には入学願書の提出時期に応じた早割入学制度を用意しており、毎年6月1日~ 6月末日必着で学納金10万円免除、毎年7月1日~ 7月末日必着で7万円免除、毎年8月1日~8月末日必着4万円免除と、願書の提出が早いほど学費がおさえられます。

他にも、指定校推薦制度(学納金10万円免除)推薦入学制度(学納金3万円免除)などの学費割引制度が用意されています。

他の学校も同様に、割引制度を用意しています。早めの進路決定で、学費負担をおさえましょう。

奨学金と中国語専門学校が用意している制度を併用しよう

奨学金や学費割引の事例は、あくまで一例にすぎません。学費をおさえるための奨学金や学費時補助制度は他にもたくさんあり、制度ごとに支給条件が異なります。自分はどの奨学金や割引制度に応募することができるのか、そうすればどのくらい学費をおさえることができるのかを調べたうえで進学先を考えましょう。

オンライン授業もアリ!
おすすめ中国語専門学校はこちら

中国語専門学校の学費の内約

中国語専門学校に通うにあたって、入学金・授業料・施設費などの費用が発生します。

入学金

入学時に納めるお金のことです。入学する際に発生するので、2年次に進級するときには発生しません。また一度納めた入学金は、入学しなくても返済されないケースもあるので、支払う前に返金の有無などを確認しておいた方が良いでしょう。

授業料

専門学校で授業を受けるために納める費用です。学ぶ学校や学科によって、授業料は変わってくるため、しっかりとパンフレットなどで確認するようにしましょう。

施設費

専門学校の校舎や施設、設備などを維持するための費用です。精密機械を取り扱うような学校では施設費が高くなる傾向があります。

学費以外にかかる費用は?

専門学校に通う場合には学費以外の費用もかかってきます。どのような費用が発生するのか説明していくので参考にしてください。

教科書代・受験・試験費用

教科書や受験代、試験費用が発生します。

教科書代は進級するたびに発生し、学校や学会によっても費用は大きく左右されるので、事前にいくらぐらいかかるのか確認しておきましょう。また受験料や試験費用も5000円から数万円かかるため、複数の学校を受験する場合にはまとまった費用が必要になるので注意してください。

親元から離れる場合は生活費も必要

自宅から通う場合には生活費は必要になりませんが、通学費が発生します。そのため平均すると、6万4000円ほどです。

また一人暮らしをして学校に通うなら、賃料・食費・光熱費などの生活費が掛かってくるため、毎月の出費が大きくなってしまうでしょう。もし東京で一人暮らしをする場合、平均的なひと月の出費は14万8000円ほどです。奨学金などを活用し、さらにアルバイトなども行うケースがほとんどでしょう。

アルバイトは授業と両立可能な関連職種を学校から紹介してもらえるケースもあるので、学校に確かめてみてください。

全日制・夜間制で授業料は変わる?

専門学校は全日制だけでなく、夜間制も導入している学校が多くあります。昼間働きながら学ぶことができる夜間制は、社会人からも人気のあるコースです。全日制に比べると、3割程度安く通えるケースが多いので、働きながら学びたいという方なら夜間制を検討するのも良いでしょう。

入学金はいつまでに支払う?

入学金を支払うタイミングは、学校ごとによって様々です。そのため一概にいつまでとは言い切れません。必ずパンフレットや公式サイトで、入学金を支払う期限について確認するようにしてください。もし期日までに支払えなかったら、たとえ合格していたとしても入学できないので注意しましょう。必ず入学したいと思える学校なら、早めに入学金を支払うようにしてください。

全国から通えるオンライン対応
中国語専門学校3選

2021年2月現在、中国語の専門学校のうちオンライン授業を実施している学校をピックアップ!学費や就職率・資格取得率などで比較してみました。

スペースチャイナ外語学院 駿台外語&ビジネス専門学校 日中学院
入学金+授業料
その他費用 設備維持費
教材費
留学費
施設費
教育行事費
諸経費
テキスト代
中国短期留学費
学科 中国語専門科2年 中国語学科
中国語コース2年
中国語本科2年
オンライン授業について
取れる中国語の資格 中国語検定試験2級・3級
HSK試験3~5級
中国語検定試験2級・3級
HSK試験5級
中国語検定試験準1級
HSK試験6級
就職・資格合格率 100%
就職率:(2014年度~2018年度)/合格率(期間不明)
記載なし 記載なし
登校必須期間(1年ごと) オンライン
(入学時オンラインを選択した場合は登校なし)
オンライン+週2~3回登校 オンライン+週4回~登校
(オンライン可の授業を選んだ場合)

2021年2月調査時点で「通学+オンライン授業」を実施している中国語専門学校の中から中国語専門コースのある学校をピックアップしました。※新型コロナによるオンライン対応を含む

専門学校を卒業すると「専門士」の称号が得られますが、これには2年の修業年数が必要です。専門士の称号を得ることで、客観的に中国語を専門的に学んだとアピールできます。また、専門士を取得できれば、大学への編入も可能です。そのため、2年制コースで比較しています。

専門学校は、文科省の規定により全日程の四分の一は、登校の必要があります。